郵便局の貸付制度を利用して400万円弱のお金を借りました

私がお金を借りたのは「義父母」、「主人の友達」、「郵便局から」です。

私が7年前に乳がんに罹患し働くことができなくなった時期があり、2012年に主人が勤めていた会社からお給料が出ない状態になり、会社を辞めざるを得ない状態になりました。

主人はその後、派遣社員や契約社員として働いています。私も今年の1月下旬からパートではありますが、就職活動を始めました。その合間の時間にライティングをしています。

義父母から30万円、主人の友人から30万円、郵便局の貸付制度を利用して400万円弱のお金を借りました。

細々とではあっても、返済をしなければならないと覚悟を決めています。

主人も50歳を過ぎてから正社員として働いていた会社を辞めざるを得なかったので、2012年以降の生活は本当に大変です。

私も乳がんに罹患し治療中であっても仕事を探さなくてはならないことに苦しみや辛さを感じてしまうこともありますが、「身体がそれだけ元気になったということだ」そう考えて前向きに生きていこうと思っています。

即日振込 キャッシング